上達する人としない人の差(ペーパードライバー教習)

投稿日: カテゴリー: ぼやき出張ペーパードライバー教習 東京 千葉

ペーパードライバー教習.com モロッコ屋です。
千葉県船橋市を拠点とし、東京、埼玉、茨城、神奈川に出張教習しております。
「優しく」「分かりやすく」「出来るまで」を教訓とし、教習後の違反、事故ゼロを目指してます。


昨日は久しぶりのお客様。やったー!!!
少しずつですが検索にヒットするようになってきました。もっともっと頑張ります!

今回のお題は複数構成。複数回に分けていきます。

第1部。上達する人としない人

まず最初に「現在のペーパードライバー教習の現状」からご説明します。
多くの習い事に比べ、ペーパードライバー教習はその2倍〜3倍の値段です。
教官やインストラクターが同乗するのとはいえ、リスクや管理費用などは大きいので仕方ないのですが、利用者にとっては躊躇してしまうお値段です。

躊躇してしまう人の多くは下記のようなコトを考えているのではないでしょうか。
「成果が出なかったらどうしよう・・・」
「全く自信ないから何回も受講しなきゃいけない」
「本当に上手になれるのかな」
「高いお金払って怒られるの嫌だな」
「高すぎ!!」

しかし「誰でも確実に安全運転を身につけられる」という前提だったらどうでしょうか。
ペーパードライバー講習に躊躇している方の半数以上は受講に踏み出すのではないでしょうか。
この時点で「ペーパードライバー教習の価値観」が跳ね上がります。

期待させた書き方をしましたが「誰でも確実に安全運転を身につけられる」を達成できてないのが現在のペーパードライバー教習の現状です。その原因の大半は「教える側」にあります。
しかし「教えられる側」にも改善できるコトがあります。

まずは「教えられる側」の「上達する人」「なかなか上達しない人」の差をここで説明します。
比較しやすい差をそれぞれ出してみました。

上達しやすい人の特徴

・言われたコトの意味をまず理解し、それ以上のコト(応用)を考えながら練習する
・同じミスの繰り返しが少い(ミスに対しての意識が高く自分でミスに気づく)
・気になったらどんどん質問する(さらに応用し色々なシチュエーションを考える)
・上達するまで何度でも挑戦する
・考えることを放棄しない

なかなか上達しない人の特徴

・言われたコトの意味を考えずそのまま練習する
・同じミスを繰り返す(ミスに対しての意識が低く、ミスしてもあまり気づかない)
・言いたいコトや気になったコトがあっても、色んな理由(シチュエーション等)で結果聞けない。
・出来ないと思い込み諦めてしまう
・考えることを放棄してしまう

中途半端になってしまいましたが今回はここまでとさせて頂きます。
次回は「第2部。上達しやすい人の特徴の解説」を考えています。
お楽しみに。


ペーパードライバー教習.com モロッコ屋
千葉県船橋市を中心に東京、埼玉、茨城、神奈川に出張対応。
運転に対する苦手意識を克服するお手伝いをさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です